Top > スワップ金利とは

スワップ金利とは

現在の日本は、ゼロ金利が解除されたとはいえ、依然として超低金利時代です。銀行にお金を預けていても、年に一度すずめの涙ほどの金利がつくだけです。

しかしそれに比べて、FXでは円を売って外貨を買えば、毎日「金利」を手にすることができるのです。これをスワップ金利またはスワップポイントといいます。単にスワップということもあります。

スワップ金利とは、金利の低い国の通貨を売って金利の高い国の通貨を買ったときに、その金利差がもらえるという仕組みです。

つまり、金利の低い国の人ほど、他の国の通貨を買えば大きくスワップ金利を受け取ることができます。現在の日本の超低金利という状況は、スワップ金利という点において大変有利なのです。

また、スワップは決まった値ではなく、組み合わされた通貨間の金利差と為替レートによって日々変化します。取引会社によってもその値は異なります。

 

 ルイヴィトン  エルメス  クロエ
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
FXとは(2009年9月20日)
スワップ金利とは(2009年9月20日)
黙っていても入ってくるスワップは不労所得(2009年9月20日)
複利で投資すれば直ぐに億万長者(2009年9月20日)