Top > 黙っていても入ってくるスワップは不労所得

黙っていても入ってくるスワップは不労所得

2007年8月現在、円を売って米ドルを1万通貨買ったときのスワップは、1日につき150円となっています。
反対に1万通貨を売ったときにはマイナス160円です。1日で150円と考えると大した額ではないと思うかもしれませんが、買いの状態を維持していれば、これが毎日入ってくるわけです。
1年ではなんと5万4750円にもなります。

FXにはレバレッジという仕組みがあり、資金の何倍もの取引をすることができます。例えばレバレッジ100倍だとすると1万円で100万円の取引をすることができるのです。つまり、1万円で米ドルを1万通貨買うことができるのです。

レバレッジを使えば、1万円の資金を1年間寝かせておくだけで5万4750円も入ってくるのです。これが100万円を資金にすれば547万5千円も入ってくるのですよ。

 

 ほしのあき  野島伸司  堂本光一
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
FXとは(2009年9月20日)
スワップ金利とは(2009年9月20日)
黙っていても入ってくるスワップは不労所得(2009年9月20日)
複利で投資すれば直ぐに億万長者(2009年9月20日)