-スワップ金利で不労所得

2009年9月アーカイブ

FXとは

| コメント(0) | トラックバック(0)

FXはForeing Exchangeの略で、日本語での正式名称は「外国為替証拠金取引」といいます。簡単に言えば、外国通貨の売買をして為替差益で利益を得る金融投資です。FXはレバレッジという仕組みを使い、少ない資金で投資ができますので、今では株を凌いで人気があります。

FXは少ない資金でできますので、サラリーマンはもとより主婦や学生からも人気があります。さらに、取引が24時間ネットを通して行われていますので、誰でもいつでも参加できるというメリットがあり、人気に拍車がかかっています。

 

 失敗しない禁煙  ロレックス  住宅金融支援機構(住宅金融公庫)

現在の日本は、ゼロ金利が解除されたとはいえ、依然として超低金利時代です。銀行にお金を預けていても、年に一度すずめの涙ほどの金利がつくだけです。

しかしそれに比べて、FXでは円を売って外貨を買えば、毎日「金利」を手にすることができるのです。これをスワップ金利またはスワップポイントといいます。単にスワップということもあります。

スワップ金利とは、金利の低い国の通貨を売って金利の高い国の通貨を買ったときに、その金利差がもらえるという仕組みです。

つまり、金利の低い国の人ほど、他の国の通貨を買えば大きくスワップ金利を受け取ることができます。現在の日本の超低金利という状況は、スワップ金利という点において大変有利なのです。

また、スワップは決まった値ではなく、組み合わされた通貨間の金利差と為替レートによって日々変化します。取引会社によってもその値は異なります。

 

 ルイヴィトン  エルメス  クロエ

2007年8月現在、円を売って米ドルを1万通貨買ったときのスワップは、1日につき150円となっています。
反対に1万通貨を売ったときにはマイナス160円です。1日で150円と考えると大した額ではないと思うかもしれませんが、買いの状態を維持していれば、これが毎日入ってくるわけです。
1年ではなんと5万4750円にもなります。

FXにはレバレッジという仕組みがあり、資金の何倍もの取引をすることができます。例えばレバレッジ100倍だとすると1万円で100万円の取引をすることができるのです。つまり、1万円で米ドルを1万通貨買うことができるのです。

レバレッジを使えば、1万円の資金を1年間寝かせておくだけで5万4750円も入ってくるのです。これが100万円を資金にすれば547万5千円も入ってくるのですよ。

 

 ほしのあき  野島伸司  堂本光一

これまでの説明でFXのスワップが如何に美味しい投資家分かったと思います。
毎日の収入であるスワップを複利で運用したらどうなるでしょうか。数年で1億円達成できるのです。不労所得で億万長者になれるのです。

FXには夢があります。サラリーマンでも主婦でも学生でも億万長者になる可能性は十分あります。昨年でしたか、主婦がFXで4億円脱税したニュースが流れたことがあったと思います。あれは氷山の一角で、このように億単位で儲けている一般人が実はたくさんいるのです。

しかし、スワップで儲けても、実は為替差益で損をすることが大いにあるのです。金利の良い外国通貨を買っていても円高になってしまうと為替差損が発生してしまいます。
複数の逆相関の通貨を持つなど為替リスクと上手く付き合えるようになれれば、あなたも億万長者の仲間入りができます。

 

 ドラマ「相棒」  浅田真央  ほしのあき
カテゴリー
更新履歴
FXとは(2009年9月20日)
スワップ金利とは(2009年9月20日)
黙っていても入ってくるスワップは不労所得(2009年9月20日)
複利で投資すれば直ぐに億万長者(2009年9月20日)
カテゴリー
更新履歴
FXとは(2009年9月20日)
スワップ金利とは(2009年9月20日)
黙っていても入ってくるスワップは不労所得(2009年9月20日)
複利で投資すれば直ぐに億万長者(2009年9月20日)